成功的な事業承継をサポートします!

サンプルイメージ1

医療法人の事業継承

医療法人の出資は財産評価基本通達に基づいて、原則的に非上場株式と同じ方法で評価されますが、医療法人には配当が認められていないので類似業種比準方式を採用するときには配当を考えずに……。

サンプルイメージ2

株式保有特定会社

現物分配とは金銭以外の資産によりおこなわれる配当(現物配当)のことであり、現物分配をおこなった法人は現物分配の対象となる資産を時価で譲渡したものとして譲渡損益を認識することとなります。

サンプルイメージ小1

サンプルイメージ小2

サンプルイメージ小3

見出し大1

見出し大1

次世代の経営者となる後継者を選ぶためには、経営者として最もふさわしいのは誰かという最高レベルの経営判断が必要とされます。事業の承継パターンは次の3つに大別されます。1子供などへの親族内継承-オーナーは親族、特に子供を後継者の第一候補として考える場合が多いでしょう。この場合、「本人に本気で事業を継ぐ気があるか」ということと、「本人は経営者に向いているか」を考慮することが重要です。子供にそれらの適性がないのであれば、子供以外の親族を後継者とすることも(……続きを読む

見出し大2

会社は自己株式を自由に取得・保有することが可能となり(平成13年商法改正)、この自己株式の保有・取得の自由化を金庫株と言います。相続によって得た非上場株式を会社へ譲渡する際の会社がおこなう会社法上の手続きは次のようになっています。-1.株主総会(臨時も可)の特別会議(総株主の議決権の過半数を保有する株主が出席、且つその議決権の2/3以上の賛成)が必要-2.取締役会で以下の事項を決定する必要・取得する株式数(……続きを読む

Copyright© 2014 わかりやすい事業承継の税金 All Rights Reserved.